1. ミルクカフェ
  2. 宮崎大学掲示板
  3. スレッド一覧
  4. 宮崎大学板です

宮崎大学板です

スポンサードリンク
9 名前:名無しさん [2016/02/13(土) 13:25 ID:icw6ZLtQ]
今年の6月、母親と二人で宮崎の親戚の結婚式に出席しました。
叔母(父の弟の嫁)も出席していて、披露宴の前に親族控え室で十数年ぶりに話をしました。

叔母「由香里ちゃんも大学生なのね〜。小さい頃よくおままごとして遊んであげたのよ〜。オホホホ!」
私 「そうだったんですね、ありがとうございます。」
叔母「で、由香里ちゃんはどこの大学に通っているの…?」
私 「外語大、東京外国語大学です。」
叔母「あら、あの神田にある…?そんな私立に行くなんて、高校時代少し遊び過ぎちゃったんじゃない…?まあでも女の子だし、浪人しなかっただけ良かったわね!」
「うちの滋子のこと覚えてる?あなたと同い年だけど、将来どうしても英語を使った職業に就きたいって、宮崎西高から宮崎大学教育文化学部の言語文化コースに行ったのよ!(勝利者宣言)」
母親「無言・・・(瞳が潤んでいた)」
叔母「滋子ちゃん、ちょっとこっちへいらっしゃい!(娘の滋子を呼ぶ)」
「由香里ちゃんも大学生になったのよ。昔よく遊んだの、覚えてるでしょう?」
向こうの輪でも大学の話をしていたらしい滋子がツンとすました顔をして私に近づいてきました。
滋子「(上から目線で)あら由香里ちゃん、お久しぶり〜、元気?」
「叔母さんこんにちは。私今年から大学生になったんですよ。」
母親「そうなの、ずいぶんきれいなお嬢さんになって…。」
滋子「宮崎大学で英語を勉強しているんです。来年の夏休みはホームスティをして、将来は外務省をめざそうかなって。(勝利者宣言)あ、そうだ、由香里ちゃんはどこの大学に行ったの…?」
私 「東京外語大…」
勝ち誇った顔をしている叔母を横に、一瞬にして滋子の顔色が変わった。
叔母「滋子、由香里ちゃんに英語を教えてあげたら?私立だとカリキュラムもしっかりしてないでしょうし…」
滋子「(しばし、絶句)・・・ちょっとお母さん、やめてよ!」
叔母「?」
動揺して目が泳いでいる滋子は、叔母の手を引っ張って別の親戚の方に行ってしまいました。
それから披露宴が終わるまで、叔母と滋子は私たちの座るテーブルに目を向けることはありませんでした。
久しぶりに母親の誇らしげな顔をみることができました。
帰り際、引き出物で顔を隠すようにしてコソコソと式場を後にする叔母と従姉妹の後ろ姿を見掛けましたが、声はかけませんでした。
スポンサードリンク



書き込みをするには、注意書きをよく読んでからにしてください

名前: コマンド: 上にあげない

[各項目の説明] スレッドの容量 5 KB
  • hatenahatena
  • livedoorクリップ
  • yahooブックマーク
  • choix
  • iza
  • newsing
  • ニフティ
  • del.icio.us
  • POOKMARK
  • Saaf
  • Buzzurl
  • fc2
宮崎大学掲示板の最新スレッド20